CSR(企業の社会的責任)

社会に貢献する企業として果たすべき役割

法令、企業倫理の遵守ならびに企業の社会的責任(CSR)の原点に立ち返り、「芦森工業社是」を補完するべく制定した「芦森工業企業行動指針」。この指針をグループへ周知し、コンプライアンスの徹底および反社会的勢力の排除に努めています。

芦森工業企業行動指針

芦森工業株式会社は、社是

  1. 信用を重んじ、堅実を旨とする。
  2. 人の和と開かれた心で活力ある企業を築く。
  3. 創意を生かし、社業を通じて社会に貢献する。

を社業の基本理念としつつ、国内はもとより国際社会においても尊敬される企業となるため、社是を補完するべく次の7原則を制定するとともに、社会的良識をもって行動する。

  1. 国の内外を問わず、全ての法律、国際ルールおよびその精神を遵守する。
  2. 公正で自由な競争を行い、また政治、行政との健全かつ正常な関係を保つ。
  3. 株主はもとより、広く社会とのコミュニケーションをはかり、企業情報を積極的かつ公正に開示する。
  4. 社会秩序や安全に脅威を与える反社会的勢力および団体に対しては、毅然とした対応を行う。
  5. 従業員のゆとりと豊かさを実現し、安全で働きやすい職場環境を確保するとともに、従業員の人格、個性を尊重する。
  6. 海外においては、その文化や慣習を尊重し、地域の発展に貢献する。
  7. 環境問題への取り組みは企業の存在と活動に必須の要件であることを認識し、自主的、積極的に参加する。

コンプライアンス推進体制

コンプライアンス推進体制については、社長を委員長とする「コンプライアンス委員会」を設置。社長直轄のコンプライアンス室が継続的な研修・教育を行っています。また、各部署・子会社ごとにコンプライアンス・リーダーを任命。それぞれが所属する職場部門において、コンプライアンス室から提供されたコンプライアンスに関する情報の周知徹底を行い、内部統制システムの強化をはかっています。
さらに、コンプライアンス体制の実効性を高めるため、従業員が直接相談・通報できる内部通報体制を構築しています。

コンプライアンス体制

環境・品質に関するISO認証の取得工場・事務所一覧

1996年に「品質マネジメントシステム」、2002年に「環境マネジメントシステム」の認証を取得。さらに自動車安全部品事業では、2005年に自動車産業の国際的な「品質マネジメントシステム(ISO/TS 16949)」の認証を取得しました。

徹底した品質管理でお客様の信頼に応える

当社のミッションである、『“安全・安心・快適”の提供で、社会に貢献する』ために、各事業に「品質保証部門」を配置し、規格・法令遵守はもとより、お客様の要求基準適合を厳密に検証しています。また、商品企画から設計/開発・製造・出荷に至るすべての「業務プロセス」においてPDCAによる「品質管理体制」を確立し、維持・向上に努めています。