サステナブルなものづくりで社会に貢献

-SDGsと芦森製品-

 当社は自動車安全部品や管路更生工法「パルテム」など、様々な分野においてSDGsと高い親和性を持った事業を営んでいます。こちらではその一部をご紹介します。

<自動車安全部品事業>

 交通事故死傷者ゼロを目指し、社会課題の解決に向けた製品開発に取り組んでいます。

◆SDGs × 自動車用セーフティ部品

 1967年にシートベルトメーカーとして初めてJIS規格の認証を受けて以来、培ってきた技術を生かし、「モーター巻取り式リトラクター」をはじめ、「次世代シートベルト」への挑戦にも積極的に取り組んでいます。

シートベルト

 1986年にエアバッグの開発に着手し、1989年に量産を開始。座席サイド部分に内蔵される「サイドエアバッグ」や「カーテンエアバッグ」等、正面衝突以外の衝撃を緩和するための多種多様なエアバッグを製造しています。

エアバッグ

 乗員スペースとラゲージルームを仕切るネットで、急制動時に乗員スペースへの荷物の進入、荷くずれを防止し、乗員を守ります。

セパレーションネット

<機能製品事業>

 繊維で培った要素技術を生かし、安全・リニューアル分野でライフラインの更生に貢献しています。

◆SDGs × パルテム部門

 当社は1980年にパイプライニングシステム「パルテム」を完成させ、様々な技術と工法でライフラインを支え、安全・安心な暮らしの維持管理に貢献しています。
 パルテム[PALTEM]とは、地下に埋設された上水道、下水道、農業用水をはじめガス、通信、電力などの管路を掘り起こすことなく補修する「非開削工法」で、環境への負荷を減らした地球にやさしい工法です。

 ホースライニング工法は、パルテムの原点となる工法です。
 地中に埋設されている既設管の内面に繊維と合成樹脂からなる水密・気密性の高いシールホース(パルライナー)を空気圧で「反転」挿入し、内面に新しくパイプを形成する工法です。

パルテム・ホースライニング工法

 その他、パルテムSZ工法、パルテム・フローリング工法、パルテムHL工法 があり、安全な暮らしの確保と住み続けられるまちづくりに貢献しています。

◆SDGs × 防災部門

 人々や街を災害から救助する商品の開発に取り組んでいます。
 また、低圧力で放水できる消防用ホースの開発に成功し、低燃費でも同等の威力を発揮でき、環境に与える負荷を低減させるホースの製造・販売もしています。

 放水時の圧力損失を最大約50%低減し、より遠く、高く、早く放水でき、低燃費で操作できるため環境への負担も軽減できるホースです。

消防用ホース 低圧力損失ホース

 パルジェットは水害や災害が発生した現場へ出動した排水ポンプ車がすぐに使用できるように軽量化を重視した使いやすい緊急排水ホースです。
 気候変動による水害対策ホースとして活躍しています。

緊急排水ホース「パルジェット」

◆SDGs × 産業資材部門

 トラック物流の省力化システム商品は、女性や高齢者にも簡単に取り扱え、働きやすい職場整備の一翼を担っている他、土木資材等の繊維資材から物流省力化システムまで様々な製品を製造・販売しています。

 エアーホースによって、トラック荷台に装着したローラコンベヤをアップダウンさせ、スムーズな貨物の移動により荷役作業を省力化させたシステムの商品です。女性や高齢者でも容易に扱え、作業負荷を軽減します。

荷役省力化装置 エアーロールシステム

 パレスシートはジャケット・土木シート・専用モルタルからなり、格子状に組んだジャケット内に専用モルタルを充填することで剛性の高い格子状補強枠が形成され、荷重を分散します。
 パレスシートを用いた地盤改良は、軟弱地盤上の仮設工事などに最適です。

軟弱地盤表層処理工法用シート パレスシート