製品情報

研究開発

研究開発領域

自動車安全部品分野

シートベルト
エアバッグ
自動車用内装品

機能製品分野

パルテム
防災
産業資材

自動車安全部品分野と機能製品分野(パルテム・防災・産業資材)を対象に、当社のミッションである、『 ”新しい価値”の提供で、社会に貢献する 』ために、研究開発体制を確立し、たゆまぬ努力で前進しています。
コア技術を活かし、「安全・リニューアル」市場へ展開

織る・組む

各種円筒織物、広幅織物、ロープ、ベルト、紐 など

巻取る・固定する

シートベルト、自動車用内装品、タイトナー など

樹脂(被覆)加工

消防用ホース、パルテム用ライナー、SZ構造材 など

膨らませる

エアバッグ、エアーロール・システム、土木用袋体 など

複合化
システム化
「織る・組む」「樹脂(被覆)加工」「巻取る・固定する」「膨らませる」という4つのコア技術を組合せ・発展させ、繊維・樹脂・金属の複合コンポーネンツからシステム商品までを開発。「安全・リニューアル」市場へ事業展開することを目的とし、研究開発を継続的に行っています。

常に一歩先の性能・品質を目指して研究開発と品質向上に取り組む

今日のめまぐるしい環境変化に柔軟に対応するためには、スピード感を持った対応が求められます。たとえば、当社の自動車安全部品事業本部の研究開発の現場では、高精度な試験機によるデータ収集とコンピュータ・シミュレーションによる解析との組み合わせや、3D-CADを駆使した製品設計などによる開発のスピードアップと精度アップに取り組んでいます。また、市場の声に耳を傾け、それらの実現を目指した製品づくりに取り組むことで、常に一歩先の性能・品質を目指したものづくりに挑戦しています。

衝突試験

品質管理

様々なニーズを満たす品質管理体制の維持・向上

当社のミッションである、『“新しい価値”の提供で、社会に貢献する』ために、各事業に「品質保証部門」を配置し、規格・法令遵守はもとより、お客様の要求基準適合を厳密に検証しています。また、商品企画から設計/開発・製造・出荷に至るすべての「業務プロセス」においてPDCAによる「品質管理体制」を確立し、維持・向上に努めています。

試験室

品質マネジメント体制

品質マネジメントシステム(ISO 9001)は、製造物や提供されるサービスの品質を管理監督し、顧客満足と継続的な改善をはかるシステムで、幅広く認証の取得が進んでいる国際規格です。そのISO 9001をベースとし、自動車産業の共通要求事項を付加したセクター規格(ある業界固有の要求事項を追加した規格)で、米国、ドイツ、フランス、イタリアの各自動車関連規格をグローバルに一本化することを目指して開発された規格がIATF 16949です。当社は、この厳しい要求が課せられている認証を取得しています。

引張試験