会社情報

会社沿革

1878年(明治11年) 創業。10代芦森武兵衛綿麻糸商を営む。
1885年(明治18年) 大阪玉江町にロープ工場を設立、伝導用綿ロープ製造を開始。
1887年(明治20年)

紡績用スピンドルバンドの製造を開始。

1894年(明治27年) 芦森製綱所と命名。
1908年(明治41年) 十三工場落成。
1919年(大正8年) 紡績用スピンドルテープの製造を開始。
1928年(昭和3年) 創業50周年記念式典挙行。
1935年(昭和10年) 株式会社に改組。株式会社芦森製綱所とする。
1944年(昭和19年) 芦森工業株式会社と改称。
1950年(昭和25年) 大阪証券取引所に上場。
1952年(昭和27年)

ゴム内張り消防用ホース「ジェットホース」の開発に成功、製造を開始。

1953年(昭和28年) 合成繊維ロープの製造を開始。
1954年(昭和29年) 衣料用インサイドベルトの製造を開始。
1959年(昭和34年) クレモナロープ、ナイロンロープNK規格認定。
1960年(昭和35年) 本店を大阪市東区へ、工場を摂津市千里丘へ新築移転。
合成繊維重布の製造を開始。
1961年(昭和36年) 東京証券取引所第1部に上場。
ジェットホースが米国UL検定合格。
1962年(昭和37年)

自動車用シートベルト「オートフレンド」の製造を開始。

ジェット商事株式会社設立。
1963年(昭和38年) 東京支店を東京都中央区へ新築移転。
1966年(昭和41年) 新型ホースに関する技術提携(イギリス:ジョージ・アンガス社)。
1967年(昭和42年) シートベルトメーカーとして初のJIS表示許可。
1968年(昭和43年) シートベルトが米国FMVSS認証取得。
1969年(昭和44年) アシモリセンイ株式会社設立。
ホース反転連続製造法(T式)完成。
1970年(昭和45年) シートベルトに関する技術提携(スウェーデン:エッセム社)。
1972年(昭和47年) 合成繊維ロープにJIS表示許可。
1976年(昭和51年) 漁業用浮子綱「アバライン」の製造を開始。
シートベルトがEC認証取得。
テーパーテープの製造を開始。
1977年(昭和52年) シートベルトが豪州ADR 認定工場の資格取得。
1979年(昭和54年) 荷締具「タイトナー」の製造を開始。
1980年(昭和55年)

パイプラインニングシステム「パルテム」完成。

1981年(昭和56年) 芦森エンジニアリング株式会社設立。
1982年(昭和57年) 「アバライン」製造プラント輸出(ノルウェー:フィスケベグン社)。
1983年(昭和58年) 日本ホースライニング協会設立。
エンプラライニングホース「ライト」シリーズの製造を開始。
シートベルト製造ライン輸出(台湾:明芳工業)。
1985年(昭和60年) 福井工場を小浜市に設立。
CI導入。
創立50周年(創業107年)記念式典挙行。
1986年(昭和61年) 芦森不動産株式会社設立。
東京工場を川口市に新設。
「ジェットホース」製造プラント輸出(中国:天津織帯一廠)。
シートベルトに関する業務提携(アメリカ:アライドシグナル社)。
1987年(昭和62年) ブリティッシュガス(ロンドン)で「パルテム」海外初工事。
シートベルトに関する技術援助契約(タイ:ナーロンインダストリー社)。
1988年(昭和63年) 東京支社を東京都文京区に移転。
本社を大阪市西区へ新築移転。
1989年(平成元年) 欧州アシモリ株式会社設立(ロンドン)。

エアバッグの製造を開始。

1990年(平成2年) 事業本部制に改組。
防府工場を山口県防府市に設立。
シート造管工法「パルテムSZ」を開発。
「綾織」ライトαシリーズ開発。
1991年(平成3年) リフトアップ方式ローラーコンベア「エアーロールシステム」の製造を開始。
パルテムHL工法がASTM認定。
1992年(平成4年) パイプ部分補修工法「パルテムアポロ工法」完成。
「パルテム」に関する実施権許諾(米国:インシチュフォームミッドアメリカ社)。
1993年(平成5年) シートベルトに関する技術援助契約(インド:アビシェ社)。
シートベルトリトラクター自動組立ライン完成。
1994年(平成6年) 消防ホース製造設備プラント輸出(中国:上海華森消防水帯有限公司)。
パルテムHL工法で全国発明表彰特別賞「朝日新聞発明賞」受賞。
チャイルドシートACRS発売。
パルテム・アポロ協会設立。
1995年(平成7年) 異径筒状織物「シティガイファブリック」の製造を開始。
パルテムSZ協会設立。
1996年(平成8年) 東京支社を東京都中央区へ移転。
「パルテム」に関する海外実施権許諾(韓国、台湾)。
芦森エンジニアリング株式会社15周年。
ISO9002認証取得(自動車安全部品事業)。
1997年(平成9年) 低圧管用「パルテム・フレップ工法」完成。
1998年(平成10年) KPNアシモリ株式会社設立(タイ)。
創業120周年式典挙行。
1999年(平成11年) デルファイ・オートモーティブ・システムズ社と業務提携。
ISO9001,QS9000認証取得(自動車安全部品事業)。
2000年(平成12年) アシモリ・アメリカ有限責任会社 設立。
2001年(平成13年) ISO9001認証取得(防災事業。パルテム事業、産業資材事業)。
2002年(平成14年) ISO14001認証取得(大阪工場)。
ISO9001認証更新(ISO9001:1994改訂に伴いISO9001:2000による更新)。
2003年(平成15年) 上海事務所を中国に開設。
KPNアシモリ株式会社の社名をアシモリ・タイランド株式会社Ashimori(Thailand)Co.,Ltd.へと変更。
2004年(平成16年) アシモリ・タイランド株式会社Ashimori(Thailand)Co.,Ltd.、生産能力増強のため工場を新築移転。
2005年(平成17年)
芦森科技(無錫)有限公司Ashimori Technology(WUXI)Co.,Ltd. 設立(中国)。
2007年(平成19年) デルファイ社との合弁契約を解消。
アシモリ・アメリカ有限責任会社解散。
2008年(平成20年) 芦森工業山口株式会社設立。
浜松工場を静岡県浜松市に設立。
工業標準法改正に伴い、旧JIS表示許可消滅。
2009年(平成21年) アシモリ・インディア・プライベート・リミテッドAshimori India Private Limited 設立(インド)。
ISO9001 認証更新(ISO9001:2000改訂に従いISO9001:2008による更新)。
2010年(平成22年) 防府工場 閉鎖。
芦森工業山口株式会社 第二工場新設。
2011年(平成23年) 芦森韓国株式会社Ashimori Korea Co.,Ltd.設立(韓国)。
2012年(平成24年) アシモリ・メキシコASHIMORI INDUSTRIA de MEXICO, S.A. de C.V.設立(メキシコ)。
2013年(平成25年) 無錫芦森国際貿易有限公司設立(中国)。
2015年(平成27年) 札幌営業所を北海道札幌市に設立。
2016年(平成28年) オールセーフ株式会社を子会社化。