CSRイメージ画像

サステナビリティ

創意を生かし、サステナブルなものづくりで社会に貢献する

 創業明治11年(1878年)、当社創業者である10代芦森武兵衛は、時代に先駆けたアイデアと技術で事業に取り組み、我が国最初の伝導用綿ロープの製造を開始、社会に大いに貢献しました。時代の変遷に応じて、繊維で培った要素技術を生かして事業内容の多角化を継続的に進め、現在では、繊維産業の枠を超え、自動車用安全部品や消防用・消火栓用ホース、ライフラインの更生といった″安全・リニューアル″分野を主力事業としています。
 私たち芦森グループの社員は、社是にある「創意を生かし、社業を通じて社会に貢献する」精神を受け継ぎ、これからも時代に先駆けたアイデアと技術を活かしたものづくりで、世界中の人々の安全で快適な暮らしを支える企業として貢献していきます。

SDGs関連商品